上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ブログにジョギングの記録を残していくことにした。
Google Drive で公開するか、twitter とかと連動したサービスを利用するか、いろいろ検討した結果、参考情報へのリンクを貼れるようにしたいのでブログ形式が良いと思った。
自分の経験を人に教えるためにはデータを可視化するのも大事だけど、方法論はもっと大事。
表にしておけばグラフ化する手間も大してかからないし。

データをとるアプリはいろいろあるけど、RunKeeper は余計な機能がついてなくて使いやすい。
"RunKeeper:日々のランニングをもっと楽しく、刺激的に! - 産経アプリスタ" - http://aplista.iza.ne.jp/r-iphone/39510

準備運動等についてまとめました。
"ストレッチ / 準備運動" - http://claizyn.blog6.fc2.com/blog-entry-319.html

元々かなり遅いので、伸び具合に期待。
目標は 2.5km 12分 → 4:48 /km

徐々に速くなってるのはわかるんだけど、どうやってグラフ化したら傾向をつかめるだろうか検討中。距離・平均速度・記録日(データの新鮮さ?信頼度?の目安)の三要素の関連がわかるようにしたい。
既に誰かが良いまとめ方をしているはずだと思って探した結果、見つかったのは「りょうま」というサービス。
"りょうま 記録集とは" - http://www.rikuzyou.com/kiroku_lib/ryouma_01.html
サイトの運営者情報が載ってないので詳しくはわからないけど、どこかの連盟の方が予算削減のために業者に出さずに自分達で作られたのだろうなぁという印象を受ける……。苦労は偲ばれるけれど、競技別にまとめられる(または日付情報が無視される)ので、練習成果をまとめるには不適切。

練習の度に走る距離が変わっても比較できるようにしたい。そう思って調べていると、距離の対数と平均速度はだいたい一次関数の関係になることがわかった。
"一流ランナーのスピード定数、くたびれ係数" - http://www.runpippi.com/page012.html
リンク先の図1-3 どおりに軸をとって、マーカー色(または大きさ)を記録日に応じて変えればいい感じになりそう。
ただし Excel でのやり方がわからない。検索しても、例によって適当に右クリックしてたら設定できる程度のことをまとめたサイトばかりヒットしてしまう。

【メモ】
(1) 1週間走ったら 3km走でラストスパートかけられる余裕が出てきた。
(2) 長距離を走るなら鼻呼吸しないと喉が乾燥して大変なことになるけど、中距離なら口呼吸したっていいんじゃないか?と思ってやってみたらペースを上げても楽に走れた。
(3) ラストスパートから100メートル以上延長できるようになってきた。ペース配分がわからない。
(4) 膝の外側を傷めかけた。走るときに膝が外に逃げているとなるらしい。親指側でしっかり地面を蹴るよう意識すると治った。

日付距離[km]時間時間[/km]備考
2013-04-272.512:004:48目標通りで驚いた
2013-04-177.9846:585:53
2013-04-102.5813:045:04
2013-04-073.1215:465:04
2013-04-043.216:465:15
2013-04-033.1215:435:03
2013-03-311.417:145:07
2013-03-3012.321:14:576:057kmで足にきた
2013-03-283.8721:175:30ペース配分×
2013-03-273.1917:035:20余裕でてきた
2013-03-253.318:335:35
2013-03-246.235:585:48Walk挟んだ
2013-03-213.017:075:40
2013-03-202.916:215:38
2013-03-193.016:205:27距離曖昧

スポンサーサイト
2013.04.07 Sun l トレーニング l コメント (0) トラックバック (0) l top
いい加減に心肺機能を鍛えるためにジョギングを始めた。
これをきっかけに、ちょくちょく調べていたスポーツ工学的なことをまとめたい。

学生時代から体が固かったし、スポーツは得意じゃなかったし、足が遅かった。
だから体を酷使する系のスポーツをするのは諦めてた。
でも、デスクワーク中心の理系サラリーマンに囲まれた自分の状況を考えると、今の自分には同世代の平均以上の体力はあるはず。
それなのにパフォーマンスがでないのは、練習してないから身体をうまく使えないのだろうと思う。
頭の回転は良いのに勉強しないから成績が悪い人みたいな状態。
今からでも遅くないと思うので、頑張ろう。

----
ストレッチ → 運動・筋トレ → ストレッチ → 栄養摂取 という流れが基本。
条件反射でプロテイン飲みたくなるかもしれないけど、栄養成分表に載ってないようなマイナーな栄養素もいい仕事してるので、サプリメントよりも一般的な食品から栄養を摂るほうが身体に良いはず。
飲食するなら美味しいほうがいいし。
素人知識だけど、
・運動前(2時間くらい空ける)はエネルギー源になる炭水化物
・運動後は筋肉や皮膚の原料になるタンパク質と、再生を促進するビタミンとミネラル
を摂取すべき。
というわけで、運動した後には、豆腐に醤油かけて食べながら野菜ジュースを飲むことにする。

----
ちゃんとストレッチ&ウォーミングアップをやらないと怪我をするし、トレーニング効率が下がる。
壁開脚は痛くないし、脱力して重力に任せるから筋を傷めにくい。しかも下半身から乳酸や老廃物を回収するのにも役立つ。
"股割り講座 - ストレッチ大辞典" - http://www.stretching.jp/matawari.htm

----
「特に太っているわけでもないのに走るのが遅い場合、走り方が悪いケースがほとんど」と聞いて自分のフォームを見直した。
特にこの2つを意識すると気持ちよく走れるようになった。
でも疲れてくるとフォームが崩れるので、意識して修正しないといけない。
これだけ守っていれば、スピードはともかく一時間は走り続けられる。
・骨盤の上に脱力した上半身を載せる
・肘はなるべく低く、体側から後ろに向けて振る
"ジョギングのフォーム【FITNESS-JAPAN ジョギング館】" - http://www.fitness-japan.com/jogging/jogging5.html

----
「雨の日は走らずに屋内トレーニング」というのはごもっとも。
筋トレは筋肉を鍛えるだけじゃなく、身体の使い方を身につける意味でも重要なので、正しいやり方を意識したい。
このサイトがわかりやすかった。
"筋トレTV : 腹筋・背筋、筋力トレーニングの方法を動画で解説" - http://www.kintore.tv/

走る前のウォーミングアップとして、カーフレイズ系をやると良い感じだった。
"シングルレッグ・カーフレイズ | 下半身トレーニング | 筋トレ方法の筋トレTV" - http://www.kintore.tv/シングルレッグ・カーフレイズ/

----
身体操作能力が上がると、いろんな分野に応用できておもしろい。
例えば、ちゃんと歌うときの姿勢は、ジョギングや他のスポーツでの基本姿勢とよく似ている。
"ボイストレーニング レッスン1" - http://supuhuri.sub.jp/sutoretti.htm

ちなみに、ボイストレーニングらしきことをしておくと、横隔膜のストレッチ・腹斜筋のトレーニング・カラオケの練習など何かと捗る(個人の感想です)。

----
自分の身体を思い通りに動かすってのは意外と難しくて、その難しさを体感するだけで脳が活性化する。
ところどころ胡散臭く感じるけど、経験上、結論には共感できる。
"運動能力アップのコツ。身体が覚える記憶について 「脳シリーズ」#8  - Yahoo!知恵袋" - http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3296

2013.03.20 Wed l トレーニング l コメント (0) トラックバック (0) l top
日曜プログラマ的な活動を再開し始めてみた。

昔とったなんとやらでなんとかなると思ってたけど、Windows & Visual Studio 環境でしか開発したことがなかったので、Mac & Vim 環境で python やら Perl やらを扱おうとすると、うまくプロジェクト管理できなくてハマる。
まずは開発環境を整えたほうが良さそうだってことに気付いて、Vim 環境を見直すことにした。


----
プラグインを管理するプラグイン「NeoBundle」を真っ先に導入。
テキトーにググったら Vundle というのも有力らしいけど、以下を見る限りでは vim-users として活発に活動してる人達の流れに乗って NeoBundle を使うべき。
"Vim-users.jp - Hack #238: neobundle.vim で plugin をモダンに管理する"
http://vim-users.jp/2011/10/hack238/
"neobundle.vimについて+おまけ"
http://www.slideshare.net/Shougo/neobundlevim

ここまでくれば、あとは vim-users として有名な方々の .vimrc に書かれている NeoBundle [plugin] を手当たり次第に自分の .vimrc にコピペする。
"vimrc読書会"
http://vim-jp.org/reading-vimrc/

一通りコピペし終えたら、vim で :NeoBundleInstall を実行してプラグインをローカルに持ってくる。
これで vim で :help [command] すると、command の説明が表示されるようになってるはずなので、他人の .vimrc を読み進めることができる。
あとは自分の用途に合ってそうな設定を導入していくという終わりのない戦いを始めれば OK ぽい。

今のところ、次のプラグインと、依存関係にあるプラグインを導入してだいぶ快適になった。
・NERD Tree
・VimShell
・arpeggio
・NeoComplCache

quickrun も便利なんだけど、うちの python 2.8 が仕事してくれないので VimShell で実行することにした。


----
実は Mac に各種コンパイラを導入するときにもつまずいた。最初に知っておきたかった情報は以下。

開発には gcc が必須。だけど最近の Mac OS X にはデフォルトで gcc が入っていない。
gcc を使うには XCode 入れろって言われるけど、そのためだけに XCode をインストールする必要はない。
「Command Line Tools for Xcode」をインストールすればよい。
"XcodeからCommand Line Tools for Xcodeに切り替えたらHDD使用容量が7GB減った - Glide Note - グライドノート"
http://blog.glidenote.com/blog/2012/02/20/command-line-tools-for-xcode/

Mac で主流なパッケージ管理システム(コマンドラインからコンパイラ,ライブラリ,アプリケーションをインストールするシステム)には MacPorts と Homebrew があって、どちらかがないと話にならない。
個人的には $ brew install [package] とか $ brew update とか $ brew upgrade とか入力するだけでどうにかなる Homebrew が使いやすかった。
"MacPortsより使いやすい!?パッケージ管理システムHomebrewの使い方 | Macとかの雑記帳"
http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-183.html

私は git を導入済みだったので困らなかったけど「git ってなに?」状態だとハマると思うので、一応追記。やっておかないと github からファイルを持ってこれないのでパッケージ管理システムや NeoBundle がうまく動かない(と思う)。
"Macにgitをインストールする方法 - ttaka/tmp"
http://d.hatena.ne.jp/ttaka_tmp/20110412/1302585640
2013.03.12 Tue l vim l コメント (0) トラックバック (0) l top
Evernote のパスワードがリセットされてしまった。
どうやらアカウント情報が流出したかもしれないので Evernote の運営陣がパスワードリセットに踏み切ったらしい。
それはすぐわかったのだけれど、スマホ(HTC J)で何回新しいパスワードを入力しても「サインイン エラー」が出続けるという現象に悩まされた。

検索かけても公式ヘルプで解決するような質問&回答ばかりヒットするし、Android の問題だと思っていたのでなかなか解決方法が見つからなかったけれど、この機種特有の問題だと気付けばすぐに解決した。
(一旦アカウント情報をスマホから削除しないとパスワードを変更できないっていう仕様は、次の機種から改善してほしい)

“ゆたりんブログ: HTC JでEvernoteのサインインエラーが出続ける件”
http://yutarine.blogspot.jp/2013/03/htc-jevernote.html


こういう形で誰かのブログが役立つのは、
・「よくある質問」の一歩先の問題を解決したこと
・普段は気にとめない非日常的なことの体験談
みたいな内容なんだろうと思う。

現在進行中の問題も、解決したら誰かの参考になるように記録しておくといいかもしれないなぁと思った。
そして公式ヘルプでわかる程度のことを書き連ねてノイズ情報を増やすような真似をしないように気をつけようと心に誓った。

今まで「ノート○冊使い切るまで勉強しました!」って言う人は、ドヤ顔したいだけだったり、結果がでなかったとしても努力を認めてほしいだけなんだと思っていたことを反省した。
自分の勉強を進めつつ、「そのへんの参考書より僕のノートのほうがわかりやすいよ」と格好良く教科書代わりに人に伝える道具を作れるというのは素晴らしい。

※ 他人のはてなダイアリーを見て、あんな記録を残せるといいなぁと思ったので超久しぶりに更新してみました。
2013.03.08 Fri l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
流行りに乗っかってエコ特集しているのをよく見かける.
いつもだったら「しょうもないこと取り上げてるなぁ」と思うだけなんだけど,エコの手本としてキューバが紹介されていたのを見て興味が湧いた.
"キューバの有機農業"
http://www14.plala.or.jp/Cuba/index.htm

視聴者受けが良くなるように編集しているからかもしれないけど,キューバの特徴が農業以外にも挙げられていて,無宗教・義務教育制度・もったいない精神など日本的なところが多いようだった.
災害対策が進んでるだとか,輸入品に依存する体制から脱出したとか,話題性はありそう.
エコは目的ではなくて,あくまでもロハスを実現するための手段だというのもキレイ事過ぎなくて好感が持てる.
一時期「北欧の福祉制度がすごい」みたいなのが流行ったけど,そろそろ同じようにキューバ特集が増えてくるんじゃなかろうか.

Wikipedia ざっと見てみたけれども,チェ・ゲバラが医者だったってのは知らなかった.
あとカストロ(前)議長は知ってるけどキューバの指導者だとは知らなかった……というのは恥ずかしがるべきなんだろうか.一般常識的な意味で.
"キューバ - Wikipedia"
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90

若干脱線するけれど,改めて生物学の分野はトップダウンアプローチの代表例だと感じた.
納得できなくても「現実に起きてるんだからしょうがない」で押し通すあたりがおもしろい.
基礎研究で裏付けされてくると,さらにおもしろい.

2011.06.04 Sat l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。